スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

VMware Playerを利用してWindows上で仮想PCのLinuxを実現する 

はじめに


以前にもLinux環境を実現させてみようと思って、VMware Playerの導入をしたのですが、
時が経って自分でどうやったかを忘れてしまったので、ここに思い出せるだけメモしておきます。

以前はネットで調べたりして自力でやったのですが、
実は今回は「これならできるLinux超入門」という雑誌を購入して、
付属CDに入っているものでやったので、ずいぶん簡単にできました。

雑誌を買わなくても、以下の説明を読めば、VMware Playerの導入ができます。
そのつもりで説明しているので、もしどこかの手順でつまづくことがあれば、
遠慮なくご質問ください。

(今後も思い出す限りは追記していきますし、以下で説明できていない部分で、
 何か質問等ありましたらお願いします。自分で確認できる範囲でお答えして、
 追記していきたいと思います。)

準備


(1) VMware Player 2.0
 ・フリーでダウンロードできます。→VMware Player 2.0
 ・このVMware Playerによって、ホストOS上で仮想OS(ゲストOS)を実行することができます。

(2) VMware Tools
 ・VMware Playerだけでも目的は達成できますが、画面解像度の変更等はできません。
  そのためにVMware Toolsが必要となります。VMware Toolsとしての
  ダウンロード入手はできないので、VMware Serverをダウンロードして、
  そこに含まれているVMware Toolsを使用することになります。

 <入手方法>
 [1]VMware Serverのtar.gz版をダウンロード。100MB近いので注意。
  (今回はVMware Serverではなく、その中のVMware Toolsが欲しいので、
  exeやzipなどのインストーラ版ではなく、ファイル解凍できるtar.gz版です。)
 [2]ダウンロードしたVMware-server-1.0.3-44356.tar.gzを解凍します。
  (バージョン番号は場合により異なります。)Windowsでtar.gzを解凍するには、
  Noahなどの解凍ツールを使用してください。
 [3]解凍してできたフォルダの中のlib/isoimages/の中にlinux.isoがあります。
  後で使用するので、そのときに説明します。
  (ゲストOSがLinuxの場合はlinux,iso。ゲストOSがWindowsの場合は
  windows.isoを使用することになります。)

(3) Linuxディストリビューション
 ・Fedora Coreとか、Vine Linuxとか、etc...、何でもお好きなものをどうぞ。
 ・Linux系は、ネット上でフリーでダウンロードできます。
  (最近のディストリビューションは、容量が数百MB~数GBなので、
   ダウンロードは計画的に。)
 ・ネット上からダウンロードが面倒くさい人は、Linux系の雑誌を買ってきて、
  付属CDに入っているLinuxディストリビューションを使いましょう。

(4) あなたのパソコン環境
 ・メモリは1GBはあったほうが良いです。
 ・HDDの空き容量は、2~10GB程度あると良いです。
  (使用するLinuxディストリビューションの容量+1~2GBくらい)


VMware PlayerとLinuxのインストールをします

■VMware Playerインストール
ダウンロードした VMware-player-2.0.0-45731.exe をダブルクリックしてインストール。
このインストールは特に問題なく、完了できるはず。


■VMware PlayerにLinuxを入れる準備
(1)「.vmdkファイル」「.vmx」ファイルを準備します。
 ・例えば、こことか、こことか、ここを参考にしてください。
 ・私は、今回は雑誌付属CDのファイルをそのまま使用してしまいました。(汗
 ・「.vmx」は自分でカスタマイズしてください。
  特にメモリーサイズは、PCのメモリ容量に注意して設定してください。
  (例えば、PCに1GBあれば、512MBくらいに設定しておくのが良いでしょう。)
(2)VMware Playerを起動します。「Browse for available ...」をクリックして、
  準備した「.vmxファイル」を選択します。
  「.vmxファイル」の設定が正しく、「Linuxディストリビューション」が準備できていれば、
  Linuxディストリビューションのインストールになるはずです。


■Linuxインストール
・Linuxディストリビューションにより異なります。
・VMware Player上に表示されていますが、ここでの手順はLinuxをPCに
 インストールするときと同じ操作となります。
・VMware Player上から、マウスカーソルを元のWindowsのほうに
 戻したいときは、[Ctrl+Alt]を押してください。


VMWareToolsインストールとか問題点とか

■VMware Toolsインストール
・VMware Toolsの「linux.iso」ファイルをVMware Playerで起動しているLinux上の
 CD/DVDドライブとして認識させる必要があります。

(1)VMware Playerをいったん終了させて、「.vmxファイル」の「ide1:」の項目を
 以下のように変更します。

 ide1:0.present = "TRUE"
 ide1:0.fileName = "(linux.isoの場所。例: C:\iso\linux.iso)"
 ide1:0.deviceType = "cdrom-image"


(2)VMware Playerを起動して、Linux上でCD内にあるrpmファイルをインストール。

(3)vmware-toolsの設定を行うため、以下を実行
 
# vmware-config-tools.pl

(4)以上で、画像の解像度等が変更できるようになるはずです。

(5) (1)で変更した「.vmxファイル」は元に戻してかまいません。


■VMware Toolsでエラー・問題が起きる場合
画面解像度が変更できないとか、vmware-config-tools.plでエラーが起きるとか。
どうやら、多くの人が問題にハマっているようです。私もハマリました。

私の調べたところ、以下の2つのサイトでかなり詳しく解説されています。まずは、読んでみてください。
 <エラー等について詳しく解説されているページ>
 ◆VMware Player に Fedora7 をゲストOSとしてインストール
   このページを見れば、私の解説はいらなかったかもしれませんね。(汗
   「エラーの対処法」「画面解像度の変更方法」「共有フォルダの設定」など
   解説されています。

 ◆VMware toolsまとめ
   こちらは、VMware Toolsのいろいろな場合のエラー対処方法が
   まとめられています。非常に助かります。

 <その他、参考になるページを紹介>
 ◆VMware + Fedora Core6(guest) + VMware Tools + Shared Folders
 ◆VMWare で X Window System が起動しない
 ◆VMware/VMware Server


ディストリビューションやバージョンの違いによっていろいろとあるようなので、まずは↑のリンクをあたってみるのが良いと思います。ディストリビューションとVMware Toolsの相性もあるようで、ディストリビューションに合わせたパッチのvmware-toolsを入手して、それを使用するという方法もあるようです。

ちなみに、いろいろなvmware-toolsを試したところ、これならできるLinux超入門の付録についてくるVMware Toolsを使用した場合、上記のエラー・問題が起きることはありませんでした。なにかパッチをあてた状態のものなのでしょうか。


Linuxを使い始める


以上で、Linuxを使えるはずです。

ほとんど大事な部分の説明をはしょりすぎてしまいましたが、
思い出せば、今後追記するかもしれません。(おぃ)

なにか、ご意見・ご質問等ありましたら、遠慮せずに、コメントください。
よろしくお願いします~。







コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

あとねっくす

Author:あとねっくす
[メールアドレス]
atnexblogあっとまーくgmail.com



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。